薬剤師の仕事内容がまるっとわかる!詳しい業務内容や年収について解説します

薬剤師 薬剤師のリアル

薬剤師の仕事は調剤薬局で処方箋どおりに調剤したり、ドラッグストアで市販薬の説明をしたりするというイメージを持っている方は多いと思います。しかし、実はほかに多岐にわたる業務に携わっているのが薬剤師です。この記事では、薬剤師の業務内容や年収について詳しくご紹介します。薬剤師の仕事に興味がある人は参考にしてください。

薬剤師とは?

薬剤師とは、薬に対する豊富な知識を持ったお薬のスペシャリストです。

薬の専門家として医師が発行した処方箋を確認し調剤したのち、患者に説明を行ったうえで薬を渡します。ほかにも医療用医薬品だけでなく一般用医薬品までのすべての薬が対象となり、患者の相談に乗りながら販売をします。

また、なかには病院やドラッグストア以外でも、製薬会社で新薬の開発を担ったり、国家公務員や地方公務員として各種の検査や分析業務などをおこなったりする薬剤師もいます。

薬剤師の主な業務内容一覧

薬剤師の仕事は処方箋の確認から、疑義照会、患者に対して服薬の指導や薬歴の管理に至るまで、多岐にわたります。

ここでは薬剤師の主な業務内容を一覧にしました。普段接することの多い調剤薬局やドラッグストアの調剤部門などで働いている薬剤師の業務を中心にがどのような業務をおこなっているかをご紹介します。

処方監査・疑義照会

処方監査や疑義紹介は、薬剤師が処方箋を受け取った後、はじめにおこないます。処方監査は処方箋が患者の症状に合っているかどうかなどを確認する業務です。一方、疑義照会は処方箋に対する疑問点がある場合や、患者さまが医師から受けた説明と処方内容が異なる場合に医師に問い合わせて確認する業務を指します。この疑義照会は薬剤師のみがおこなえる行為で、患者さまに安心して薬を処方していただくために必要な業務です。

【新人薬剤師必見!】疑義照会の書き方や注意点を薬剤師が解説します
疑義照会は薬剤師の業務のうち、患者さんの命を守るためにもとても重要な業務です。とはいえ、医師に直接伝える必要があるため苦手意識がある方も少なくないですよね。今回は疑義照会をスムーズに、かつお互いが嫌な思いをしないために気を付けたいポイントや記録の書き方について解説していきます。

調剤・調剤薬鑑査

処方箋どおりまたは疑義照会の結果どおりにお薬を用意することを調剤といい、粉薬を患者の体重に応じた量用意したり、1回飲む量の粉薬と錠剤を一袋にまとめたりします。その後、誤りなくお薬が調剤されているかどうかの確認をおこなうことが調剤薬役監査です。薬剤師は処方箋どおりに調剤する義務があり、調剤薬監査は必ずおこなう必要があります。

服薬指導・薬歴管理

服薬指導は患者に対してお薬の効能や、いつ飲むのか、どのような方法で飲むのか、飲むときの注意事項などを伝える業務です。お薬によっては飲む時間の指定があったり、一緒に口にしてはいけないものがあったりと注意しなければいけない点が複雑な場合もあり、薬剤師はそれらをしっかりと伝える義務があります。また、患者の服薬状況や処方内容などをまとめて記録として残し、管理する薬歴管理業務も同時に行います。

医薬品の在庫管理

医薬品は使用期限が短いもの、適切な温度での管理が必要なものなどがあり、それぞれ適切な環境下での保管が求められます。また、不正に使用されることがないように数の管理も必要です。薬剤師はお薬の品質を保つことができるよう、数に誤りが出ないように常に管理業務もおこなっています。

働く場所によって担う業務が異なる場合も!

薬剤師の働く場所は調剤薬局やドラッグストアのみではありません。病院やクリニックで働く薬剤師、製薬会社などの企業で働く薬剤師などさまざまな場所があります。そして働く場所によって業務内容も異なります。

病院やクリニックで働く薬剤師

病院やクリニックで働く薬剤師は、病院薬剤師と呼ばれます。病院薬剤師は病院やクリニックを利用する外来患者や入院患者に対してお薬の調剤をおこないます。飲み薬や塗り薬だけではなく、注射薬や複数の薬剤を混ぜ合わせてお薬を作るなど、取り扱う薬剤がより多岐にわたることが多い仕事です。また、入院中の患者に対しての服薬指導も重要な業務です。

製薬会社などの企業で働く薬剤師

製薬会社などの企業で働く薬剤師は企業薬剤師と呼ばれます。企業薬剤師には、自社の薬のプロモーションや情報提供をおこなう営業職であるMR、基礎研究や治験をおこなう研究の開発を担当者が当てはまります。ほかにも、卸売販売をおこなう企業に勤め、病院や薬局に薬を納めたり、薬に関する問い合わせに対して専門的な知識の提供をおこなったりする薬剤師もいます。

調剤薬局で働く薬剤師

調剤薬局で働く薬剤師は薬局薬剤師と呼ばれます。薬局薬剤師は処方箋に基づいた調剤をおこない、お薬の飲み方を説明したり、注意事項を伝えたりします。また、症状に関する相談に対応することもあります。患者に薬局内のお薬の在庫管理、患者の基礎情報や調剤歴などを記録に残す薬歴管理もおこないます。

ドラッグストアで働く薬剤師

処方箋受付をおこなっているドラッグストアで働く薬剤師は、調剤薬局で働く薬剤師と同じような業務を行うことが多いです。これに加え、処方箋を必要としない一般用医薬品(OTC医薬品)に関する説明をお客様におこなったり、相談に乗ったりもします。特に第1類医薬品は副作用のリスクが高いため、薬剤師しか販売することができません。

行政機関で働く薬剤師

行政機関で働く薬剤師は行政薬剤師と呼ばれます。行政薬剤師の職種は、違法薬物を取締る麻薬取締官、自衛隊で働く方々の体調を管理する薬剤官、刑務所で働く法務技官などです。また、保健所などに所属し医薬品や化粧品、医薬部外品の検査などの指導や教育をおこなう薬事監視員という仕事もあります。このほか地域の公衆衛生に関する啓もう活動を実施します。

小中学校・高等学校で働く薬剤師

幼稚園や小中学校、高等学校など大学以外の学校で働く薬剤師は学校薬剤師と呼ばれます。学校薬剤師の業務は、教室内の換気や照明といった環境衛生の調査やプールの水質検査、児童や生徒の保健指導などです。学校薬剤師の設置は法律で義務付けられていますが、業務量が多いわけではないので、病院薬剤師や薬局薬剤師の業務と掛け持ちしている方も少なくありません。

薬剤師の年収はどれくらい?

薬剤師の年収は平均で565.1万円です。(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」より)男女差でみると男性薬剤師のほうが年収で100万円近く高い差があります。

職場別でみると、病院薬剤師の平均は約677万円、保険薬局の薬剤師の平均は約561万円です。(厚生労働省「第22回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告」より)
薬局各店舗の管理ポスト、責任者である管理薬剤師の平均年収は約720万円です。一般の薬剤師よりも高い年収を見込めます。(厚生労働省「第23回医療経済実態調査の報告」より)

働き方次第で様々な経験が積めるのが薬剤師の魅力

薬剤師の主な仕事は薬局に来る患者が持ってきた処方箋どおりにお薬を調剤し、説明し注意点を伝えることです。それだけではなく、処方箋に疑わしいところがある場合には医師に確認したり、薬局にあるお薬の在庫管理をおこなったりしています。また、調剤薬局以外の病院やドラッグストア、企業や行政、学校といった様々な勤務先での活躍も可能で、千差万別の経験を積めます。このように仕事内容は多岐にわたり、キャリアプラン次第で、いろいろな働き方ができるのは薬剤師の魅力の一つと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました