リフィル処方箋とは?2022年度より開始する新制度について解説

リフィル処方箋 最新薬剤師ニュース

2022年度より開始されたリフィル処方について、もう既に処方箋を受け取ったことがある方も多いのではないでしょうか?
リフィル処方は薬剤師にとっても、患者さんにとっても、とても有益な処方箋であり、知っておいて損はありません。今回はそんな今話題のリフィル処方について解説していきます。

リフィル処方箋とは

リフィル処方箋とは、2022年4月から開始された1枚の処方箋を最大3回まで繰り返し使用することができる処方箋です。医師によって症状が安定していると判断された患者さんにのみ使用が認められています。
このリフィル処方箋によって薬剤師は患者さんのお薬の効果、副作用を確認した上で、薬剤師の判断で2回目、3回目とお薬を継続してお渡しすることができます。
なお、すべてのお薬が処方可能ではなく、処方制限がある新薬、向精神薬、麻薬、湿布などはリフィル処方箋を発行することはできません。

分割調剤との違い

分割調剤は「お薬の安定性の問題で一度にすべてのお薬をお渡しすることができない」「ジェネリックのお試し期間を設けたい」などの理由から、何回かに分割して調剤、お渡しする調剤方法です。
一方で、リフィル処方は患者さんの病態が安定していることで繰り返し処方箋を使用できる制度です。
お薬代については分割調剤は1枚の処方箋のお薬代を分割することに対して、リフィル処方の場合はその都度、新規の処方箋としてお薬代を支払う必要があります。リフィル処方箋を使用するとお薬代は毎回支払うことになりますが、病院へ通院する必要がないため受診費を抑えることができ、患者さんの費用負担を軽減することが期待されます。

リフィル処方箋の対象になりやすい疾患は?

リフィル処方箋の対象となるのは、長年にわたって処方内容や処方量に変更がなく、症状が落ち着いていると医師が判断した患者さんです。
このような患者の疾患の一例として、若い世代ではアレルギー性鼻炎や免疫舌下療法を行っている方、40歳以上では高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病があります。

リフィル処方箋の注意しておきたいポイント

続いては、リフィル処方箋を患者さんから受け取った際の注意点について解説します。

リフィル処方箋の有効期限

リフィル処方箋は有効期限があり、1回目の処方に関しては4日以内、それ以降は次回調剤予定日前後の7日間以内に受け取っていただく必要があります。有効期限を過ぎてしまった場合にはお薬をお渡しすることができず、病院を再受診していただく必要があるため注意するようにしましょう。
また、そのようなことが起こらないためにも次回のお薬お渡し日を正確に患者さんに案内し、お薬のお渡し期間には、電話などでお知らせする必要があります。
加えて、処方箋をなくしてしまった場合もお薬をお渡しすることができないため、有効期限の厳守と処方箋保管については患者さんにきちんと周知、説明することが大切です。

リフィル処方箋の保管義務

リフィル処方箋は3年間の保管義務があります。しかしながら、リフィル処方箋は繰り返し使うことができる処方箋のため、原本については患者さんに返す必要性がありますので、写しをとりそちらを保管しておくようにしましょう。
なお、3回目のリフィル処方(使用回数上限のリフィル処方箋)を受けつけ、お薬を渡した薬局は原本を回収する必要があり、回収した処方箋の原本も写しと同様に3年間保管しておく必要があります。

患者の服薬管理・服薬指導

リフィル処方箋を受け取った薬剤師は、継続的にお薬をお渡しして良いのか、患者さんの健康状態などについて正確に判断する必要があります。継続的にお薬をお渡しすることが難しいと判断した場合には、患者さんへの受診勧告や、医師への情報提供を行います。
また、継続的な薬学的管理指導を行う必要があることから、基本的にリフィル処方箋は同一の薬局に渡すよう患者さんに伝えるようにしましょう。とはいえ、同一薬局での薬の受け取りが義務化されているわけではないので、患者さんの事情によりお薬を受け取る薬局を変更する際には、次回受け取り予定の薬局へ情報提供を行い、患者さんに安心して薬を処方してもらう環境づくりを行う必要があります。

リフィル処方箋導入により薬剤師の仕事にはどんな影響がある?

薬剤師の判断が大きく関与するリフィル処方箋について、導入することにより薬剤師の仕事にどのような影響があるのでしょうか?以下で解説していきます。

1.かかりつけ薬局の推進

リフィル処方箋発行により患者さんは病院を受診する機会が減るため、薬剤師が医師に代わって患者さんの体調変化、副作用確認を今まで以上に徹底して行っていく必要があります。
また、患者さんの情報を正確に把握するためにも毎回薬局を変えるのではなく、1つの薬局に患者さんが通う形をとる、「かかりつけ薬局」の存在意義が今まで以上に求められてきます。
これに伴いかかりつけ薬剤師の需要が高まることが予測されますので、キャリアアップを検討している方は、かかりつけ薬剤師へのステップアップを視野に入れてみても良いかもしれません。

2.医師、患者さんとの連携が今まで以上に求められる

リフィル処方箋の発行により、医師と患者さんが直接コミュニケーションを取る機会が減るため、薬剤師が患者さんの症状の変化や気になっていることなどを把握し、医師へ情報提供を積極的に行っていくといったチーム医療がより一層求められます。
少しでも副作用やお薬の効果について気になったことがある場合は、医師への再受診について患者さんに相談することが大切です。

3.服薬管理のさらなる徹底

リフィル処方箋を受け取った薬局は、患者さんに次回のお薬受け取り日について伝え連絡を行うため、服薬コンプライアンスの確認が今よりも求められます。
また、次回の受け取り期間が決まっているため「残数はあとどのぐらいあるのか?」「薬が余り過ぎていないか?」など、残薬を正確に薬剤師が把握できるようになります。

まとめ

いかがでしょうか?リフィル処方箋導入は、患者さんの通院負担、費用負担を軽減し、薬剤師が一元的な服薬管理、服薬指導を行うことで新しい医療の第一歩となる制度です。
海外の一部地域では既に導入されており、薬剤師の需要も高まってきているリフィル処方箋について、この機会にぜひ一度理解を深めてご自身のスキルアップに役立ててみてはいかがでしょうか。

関連タグ
リフィル処方箋
タイトルとURLをコピーしました