【努力と実力の証!】認定薬剤師になるための方法やメリット、おすすめ資格について解説

薬剤師の女性 キャリア&スキル

薬剤師として認められた後のスキルアップ方法としてさらなる資格の取得があげられます。
薬剤師が新たに取得できる資格は「認定薬剤師制度」という制度のもとに多数存在し、
この制度を用いて資格を取り、認定薬剤師になることで自身の実力の証明になることから取得を試みる方も多くいらっしゃいます。
今回は、認定薬剤師として認められる資格にはどんな資格があるのか、どんなメリットがあるのか、資格の取得方法についてなど認定薬剤師についてあますことなくご紹介していきます!

認定薬剤師とは?

認定薬剤師とは、認定薬剤師制度が定めている研修や実技を通して単位を取得し、「自己研鑽によって薬剤師としての能力を維持・向上させる努力をしている薬剤師」として認められた薬剤師のことです。

日々進歩している医療技術に適応し、高度な知識と実践能力をもって患者さんの治療を進めるには、薬剤師としてのスキルアップは不可欠です。患者さんに安心して治療を受けてもらうため、チーム医療の一員としてさらに活躍するためにも、認定薬剤師は目指すべき薬剤師の姿と言えるでしょう。

また、認定薬剤師制度には次の3種類があり、それぞれの制度が定める研修や実技の参加、研究活動を行うことで認定薬剤師になることができます。

生涯研修認定制度:薬剤師が最新の知見が得られるような研修を受講することで単位が給付される制度
特定領域認定制度:特定の領域の研修を受講することで、その領域の薬剤師としての能力が認められる制度
専門薬剤師認定制度:専門分野での実践や研究活動をおこなっていることが認められる制度
いずれの認定制度も薬剤師として知識や技術を磨き、スキルアップに励んでいることの証明となりますので、なんらかの認定を取得をすることは薬剤師の方にとって大きな財産となるでしょう。

専門薬剤師と認定薬剤師は何が違う?

認定薬剤師と似ている資格に「専門薬剤師」があります。
認定薬剤師は薬剤師としての知識や技術の向上に努め続けていることが認められた薬剤師であるのに対し、専門薬剤師は、薬剤師が携わる分野のなかでも特定の疾患、診療領域等を対象に充分な知識や技術があると認められた薬剤師のことを指します。

認定薬剤師も専門薬剤師も知識や技術があることの証明になることに変わりはありませんが、専門薬剤師のほうがより専門性の高い特定領域の知識と技術を有していることが認められているという点で認定薬剤師とは違いがあります。専門性をさらに磨く必要があるため、専門薬剤師として認められるための資格を取得するには「認定薬剤師」として認められている必要があります。

認定薬剤師になるためのステップ

認定薬剤師になるためには、認定薬剤師認証研修機関が主催する研修に参加して、必要な単位を取得する必要があります。

単位を取得するためにまずご自身で「薬剤師研修・認定電子システム(PECS)」に登録したうえで研修の受講手続きをおこないます。研修を受講して単位を取得すると、PECS上に単位の取得状況が反映されるため、受講状況をチェックしながら計画的に研修を受けていきましょう。

必要な単位が取得できたら、研修プロバイダーに認証申請書や薬剤師研修手帳等の必要書類を送付するとともに、認定審査料を振り込みます。その後、認証担当理事や認定制度委員、理事会での審査を通過すると、認証状が手もとに届きます。
認定薬剤師になるためにの必要な単位数を取得できていなかったり書類に不備があったりすると、修正指示が出て認証状の取得が遅れる可能性があるので注意が必要です。スムーズに資格を得るためにも、事前にこれらのステップを確認したうえで計画的に資格取得を目指しましょう。

認定薬剤師になるとどんなメリットがある?

認定薬剤師になるメリットとして、次の3つがあげられます。

■年収を上げられる可能性がある
■転職時の強みになる
■かかりつけ薬剤師や管理薬剤師を目指せる

以下では、これらのメリットについて詳しく説明します。

年収を上げられる可能性がある

認定薬剤師になると、高い能力を持つ薬剤師であることが客観的に証明されます。そのため、職場内での評価が上がり年収アップにつながる可能性があります。

また、現在の職場で年収アップが期待できなければ、認定薬剤師であることを高く評価している職場に転職するのもひとつの方法です。転職先によっては認定薬剤師を好待遇で迎えてくれるところもあるため、大幅に年収が上がるかもしれません。

転職時の強みになる

薬剤師向けの求人はさまざま募集が出ていますが、必ずしも働きたい職場に就職できるとは限りません。人気の就職先には多くの薬剤師が集まるため、求人していなかったり倍率が高かったりすることもあります。

そんなとき、認定薬剤師として認められていればほかの薬剤師との差別化を図ることが可能です。職場によっては認定薬剤師を優先的に採用してくれる場合があるため、転職活動を有利に進められます。

かかりつけ薬剤師や管理薬剤師を目指せる

認定薬剤師になると、患者さんの治療・健康・介護などに関する疑問や不安に対してより身近な立場で相談に応じられる「かかりつけ薬剤師」や、調剤薬局や各種店舗の責任者として必須の資格である「管理薬剤師」を目指せます。

これらの資格を取得するには、認定薬剤師になることが条件となっています。将来的にマネジメント的な役割を担いたいと考えている方は、認定薬剤師の取得を視野に入れておきましょう。

かかりつけ薬剤師とは?なるための条件やメリットをまとめました!
薬や保険、介護について広く知識があることの証明にもなる「かかりつけ薬剤師」は、地域包括ケアシステムの拡充という観点からもニーズは高まっていくことが予想されています。今回は具体的にどのようなステップを踏めばかかりつけ薬剤師になることができるのか、どんなメリットがあるのかについて解説していきます。

おすすめの認定薬剤師資格5選

先述したように、認定薬剤師として認められるために必要な資格にはいくつかの種類があります。どのような資格を取得するのかによって今後歩むキャリアが変わってくるため、慎重に検討しなければなりません。

以下では、おすすめの認定薬剤師資格を5つご紹介します。

研修認定薬剤師

研修認定薬剤師は、所定の研修を受講することで「薬剤師としてふさわしい資質を維持するために自己研鑽できている」と認定してもらえる資格です。

認定の対象となる研修には次の5つのタイプがあります。

集合研修
実習研修
グループ研修
通信講座研修
自己研修

研修ごとに単位の申請可能数が異なるため、事前に確認したうえで研修を受ける前にPECSに登録します。所定の単位数を取得できたらPECS上で審査手続きをおこない、審査を通過すると資格を取得することができます。

研修認定薬剤師とは?認定条件や仕事内容について解説!
認定薬剤師制度を活用して取得することができる研修認定薬剤師。薬剤師としての資質を向上させ続けていることの証明にもなるため、取得しておいて損はありません。今回は具体的な取得の方法から更新手続き方法などを具体的に解説していきます!

日病薬病院薬学認定薬剤師

日病薬病院薬学認定薬剤師とは、病院やクリニック、調剤薬局などの現場で一定以上の実践能力がある薬剤師であると認められる資格です。
日病薬病院薬学認定薬剤師になるには、「日本病院薬剤師会正会員又は特別会員であること」、「日病薬病院薬学認定薬剤師制度研修カリキュラムを50単位以上を取得していること」の条件を満たしたうえで、認定試験に合格する必要があります。

研修単位を取得する際は、必要な研修の種類や受講期間が決まっているため、しっかりと計画を立てて準備しなければなりません。

外来がん治療認定薬剤師

外来がん治療認定薬剤師は、患者さんに外来がん治療を安全に受けてもらうための知識や技術があると認められる資格です。

外来がん治療認定薬剤師になるには、「薬剤師としての実務経験が3年以上」「日本臨床腫瘍薬学会が認定するがん領域の講習または研修を60単位以上履修していること」「外来のがん患者のサポート事例を10例提出すること」など、さまざまな条件を満たしたうえで認定試験に合格する必要があります。

外来でがん治療を受けながら日常生活を送る患者さんをより専門的な知見をもってサポートできるため、今後重要な資格となるでしょう。

緩和薬物療法認定薬剤師

緩和薬物療法認定薬剤師は、緩和医療において高度な知識・技能・態度を持つ薬剤師であると認められる資格です。がん治療として緩和ケアをおこなう際は、医療用麻薬の適正使用や患者さんや家族に寄り添った丁寧な説明など、薬剤師として高い実践能力が求められます。将来的に緩和医療に携わりたいと考える方は、取得を検討してみてはいかがでしょうか。

緩和薬物療法認定薬剤師になるには、「薬剤師としての実務経験が5年以上」「緩和医療に従事している薬剤師であること」など、これまで紹介した認定資格よりも厳しい条件を満たす必要があります。長期的な計画を立てて資格取得を目指す必要があるため、なるべくはやくキャリアプランを描いておくことが大切です。

プライマリ・ケア認定薬剤師

プライマリ・ケア認定薬剤師は、受け持ちの患者さんに寄り添いながら健康をサポートする役割を持っています。医療職の一員として医師や看護師などと連携し、患者さんに適切なサポートを提供するためには、薬剤師としての高い能力が必要です。

プライマリ・ケア認定薬剤師になるには、研修開始届書を日本プライマリ・ケア連合学会に郵送し、講習会で必要な単位を取得しなければなりません。必要な単位数を取得したら書類審査と試験を受け、合格することで資格が認められます。

認定薬剤師は薬剤師としての実力、資質の証明書

今回は、認定薬剤師の概要や方法について説明しました。

資格を取得することで多くのメリットが受けられる認定薬剤師ですが、認定薬剤師にもさまざまな種類があります。薬剤師として長期的に活躍するためには、将来的に薬剤師としてどのようなキャリアを歩んでいきたいかをよく考え、資格取得に向けて早期に対策をとることが重要です。

関連タグ
認定薬剤師
タイトルとURLをコピーしました